思えば遠くへ来たもんだ

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしくも ビックリしたこと

<<   作成日時 : 2008/04/22 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「コンドルが飛んでゆく」に代表されるような、哀愁を帯びた民族音楽が昔から好きで、ホコ天でフォルクローレの路上ライブなんかを見かけると、ついつい足を留めていつまでも聴き入ってしまう。


大学のとき一つ年上で、クラシックギターの名手だった先輩が、卒業後にフォルクローレのケーナ(南米式たて笛)奏者としてプロになったというのはずいぶん前に人から聞いていた。

学生時代は同じ団体に所属していたが、いつも笑みを絶やさず優しく穏やかな人で(イマ風に言えばハニカミ系?)、それほど音楽に傾倒しているようには、少なくとも傍からは見えなかった。
とは言ってもギターの腕前はやはり別格で、いつ練習していたのかわからないほどだったのに、ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」をいとも簡単に弾きこなしたりして、周りの誰もが天才と認めていた。

昨日ふと思い立って、何気なくPCでその名を検索してみたらなんと、あたるあたる!
数多くのHP・ブログにヒットしてそれぞれの内容を見ると、近年は南米とを行き来しヨーロッパや日本各地でツアーを行い、ライブでの活躍のみならずCDも出版し、今ではその道の第一人者になっているという。
「世界一」「御大」と称する声さえある。

すげ〜 
20年以上プロとして続けているだけでも驚きだったのに、まさかこんなに成功を遂げていたとは。


いつかCDを買わせていただきますわ、菱本さん。

画像

菱本幸二 笛の世界 koji hishimoto
http://www5.ocn.ne.jp/~fumande/hishimoto/koji.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
懐かしくも ビックリしたこと 思えば遠くへ来たもんだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる